標準規格等一覧

標準規格概要(STD-B36)

1.標準規格の概要

標準規格番号 ARIB STD-B36
標準規格名 デジタルテレビジョン放送におけるデジタル字幕ファイル交換フォーマット
策定年月日 2002年7月25日
標準規格概要

本標準規格は、放送局の行う標準テレビジョン放送等のうち、デジタルテレビジョン放送で用いられる字幕放送方式に対応した、デジタルテレビジョン放送用デジタル字幕データファイルの交換フォーマットについて規定することを目的とする。 過去用いられてきたNAB技術規準に対し、HDTV対応・多言語対応・FD以外のメディアへの記録・ロールアップモードの追加・携帯字幕等の面で拡張されている。本標準規格により、放送局とプロダクションハウス間等で交換されるデジタル字幕データの互換性が確保される。アナログ放送用字幕データ(アナログ字幕)も伝送可能である。

ARIB標準規格STD-B24「放送におけるデータ放送符号化方式と伝送方式」に従って作成された地上デジタルテレビジョン放送、BSデジタル放送、及び広帯域CSデジタル放送用の字幕データファイル全てに共通して適用するのもである。

 キーワード(用語と略語)

キーワード 説明
アナログ字幕  アナログテレビジョン放送で採用されている文字多重放送の字幕形式。
携帯字幕  部分受信機(携帯受信機)向けデジタルテレビジョン放送で採用される字幕形式。
字幕  映像に同期して画面に表示される台詞などの文字。
字幕データ  映像に同期して画面に表示される台詞などの文字情報、および管理情報の総称。
字幕文データ  字幕文データヘッダーと可変長の字幕データユニットで構成される字幕本文。
字幕文ページ管理データ  言語種別や送出モードなどを示す字幕管理情報。
スクロール  SCRコマンドによるスクロール。
デジタル字幕  デジタルテレビジョン放送で採用されているデータ放送の字幕形式。
番組管理情報  字幕番組に係わる運用情報(番組名、放送日など)。
表示書式  HDやSDなど、画面の表示密度を識別する書式。
部分受信機(携帯受信機)  部分受信階層の1セグメントのみを受信できる受信形態。携帯端末などを想定。
ページ  字幕1画面の単位。
ページ管理情報  ページ毎の管理情報。(ページ番号、表示開始時間など)
ページデータ  ページ管理情報と字幕文ページ管理データ及び字幕文データから構成される。
ロールアップ  ARIB STD-B24で規定されるロールアップモード時のスクロール。
FD  フロッピーディスク
NAB  本標準規格で参照する関連規格のNABとは、社団法人日本民間放送連盟のこと。米NAB(全米放送事業者連盟)とは異なる組織。


2.改定の概要

版数 策定又は改定日 改定の概要
2.4版 2013.07.03  「525/60及び1125/60テレビジョン方式のコンポーネントビット直列インタフェースにおける補助データ領域への字幕データの多重方法標準規格」(ARIB STD-B27)の廃止に伴う修正や、アナログ放送終了に伴う表現の見直し、「アスペクト比16:9の画面におけるセーフティゾーン技術資料」(ARIB TR-B4)におけるセーフティゾーンの記載に合わせた変更を行う。
2.3版 2007.09.26  ファイル交換における管理情報の設定値を追加する。
2.2版 2006.03.14  データユニットが複数ある場合の字幕文データの表記等について明確化を行う。
2.1版 2005.03.24  ARIB TR-B14との整合性を保つため、携帯字幕に関する規定を修正する。
2.0版 2004.09.28  携帯字幕に対応する規定を追加する。
1.1版 2003.06.05  ARIB STD-B37の2.0版への改定に伴ない、整合性を保つため、"番組管理情報"及び"ページ管理情報"のユーザーズエリアへ、"CCIS"識別子の記述方法を追記する。
1.0版 2002.07.25  策定

3.一部閲覧(最新版)

全画面表示



TOP