トップページへ
お知らせ・お問合せ ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 調査・研究・開発・標準規格策定 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
照会相談業務
電気通信業務
公共業務
放送業務
衛星業務
サイトマップ
クリアランス計算・クリアランス投影図作成

  高層建築物等と重要無線通信との位置関係等を把握するための技術計算です。ARIBでは、希望されるお客様に、クリアランス計算のサービスを提供いたし ております(有料)。
 
クリアランス計算の主な流れ
クリアランス計算の主な流れ


《留意事項等》
1.  お申込みに際しては、申込者印を押印した「照会相談書」「照会相談申込書添付資料」をご提出ください。
   
2.  「照会相談申込書添付資料」については、建築物と無線回線の相対的な位置関係を計算・作図するために、建築物の位置を示す世界測値系による座標値(X値、Y値のデータ)が不可欠ですので、「電波伝搬障害防止計算に必要なX値、Y値等の求め方」により必要データを求めてご記入してください。
   
3.  申込者印を押印した「照会相談書」原本は必ず郵送してください。なお、郵送に先立ち、押印した「照会相談書」をPDFにして電子メールかFAXで送付していただきますと、すぐに業務に着手することが可能です。
   
4.  上記資料のご提出後、受信確認をもって契約が締結されたものといたします(この時点より費用が発生します。)。
   
5.  念のため、お客様が計画されている建物の形状や概略の位置、及び防止区域に入っている重要無線通信回線の必要数等を職員が伺うことがありますので、配置図や付近見取図をご用意ください。
   
6.  納期は概ね受付後1週間ほど頂戴いたします。照会相談回答書は郵送にて納めさせていただきます。
   
7.  ご提供する資料は、お客様から総務省に届け出る資料の一部ではございません。お客様の必要とされる用途に応じてご使用ください。
   
8.  高層建築物等による重要無線通信への障害の有無については、総務省の各総合通信局(沖縄総合通信事務所含む)へご確認下さい。
   
9.  手数料は一の高層建築物等について「クリアランス計算・クリアランス投影図の作成」で2万円となります。
なお、伝搬障害防止区域に係る電波伝搬路が複数ある場合の手数料は、一伝搬路追加ごとに1万円を加算した額とします。
   
10.  手数料の請求は、「照会相談回答書」とともに「請求書」を発行し送付いたします。振込期限は請求書発行日より40日後としております。
   
11.  お申込に必要な各様式については、以下よりダウンロードしてご使用願います。
 
 

照会相談書記入様式
H27.12( Microsoft® Word2003 ファイル )

照会相談書記入例
H27.12 ( Adobe® Acrobat Document ファイル)

照会相談業務申込書添付資料記入様式
H27.12( Microsoft® Word2003 ファイル )

照会相談業務申込書添付資料記入例
H27.12 ( Adobe® Acrobat Document ファイル)

電波伝搬障害防止計算に必要なX,Y座標の求め方
H26.04 ( Adobe® Acrobat Document ファイル)

 


お問い合わせ先
 
  一般社団法人 電波産業会 利用促進部
   〒100-0013
 東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル11F
  電話:03-5510-8591
  FAX:03-3592-1103
  E-mail:denshou@arib.or.jp

≫ 電波伝搬障害防止業務のトップへ戻る

ページの先頭に戻る