トップページへ
ARIBのご紹介 ARIBの事業概要 調査・研究・開発・標準規格策定 照会相談・情報提供業務 特定周波数変更対策
情報資料コーナー 頒布図書 関連サイト ARIB会員のページ 情報提供利用会員のページ
サイトマップ
「お知らせ・お問合せ」一覧
お知らせ 目次
セミナー・講演会等開催案内
ARIBニュース
お問合せ
お知らせ


<過去のお知らせ>


電波環境講演会開催のご案内
− 安心して電波を利用するために最新の研究動向に関する講演会を開催 −  


 開催趣旨
 今日では、一人が一台携帯電話を持つ時代であり、また情報化社会の進展に伴い、地上デジタル放送、無線LANなど今後ますます電波利用が拡大し、暮らしの中においても電波利用が多様化していくものと考えられております。
 しかしながら、このような電波利用の拡大や多様化に伴って、電波は健康に良くないのではないかという不安を抱いたり、電波の安全性について疑問を持つ人が多くなってきたのも事実です。
 こうした環境の中、国民が電波の安全性や特徴について正しく理解し、電波を利用していくことが不可欠であり、電波の安全性について周知・啓発を目的として最新の研究成果なども交えて電波環境講演会を開催します。


 開催日時及び会場
  (1) 日時: 平成17年11月16日(水)
13時30分〜16時50分 (受付:12時30分〜)
  (2) 場所: ホテルグリーンパーク津 6階「葵・橘・藤・萩」の間
三重県津市羽所町700
電話:(059)213−2111
URL:http://www.greens.co.jp
会場案内図

 プログラム
  講演1; 「安心して電波を利用するために」
    講師: 総務省 総合通信基盤局 電波部 電波環境課
電波監視官  前田尚久 氏
    講演要旨: より安全で安心な電波利用環境の確保に向け、総務省がこれまで取組んできた施策の概要について解説します。

  講演2; 「電波防護ガイドラインについて」
    講師: 北海道大学大学院 情報科学研究科
教授  野島 俊雄 氏
    講演要旨: 工学の専門家の立場から電波防護指針及び国際ガイドラインについてお話しいただきます。また、「電磁波過敏症」と「予防原則」についても解説していただきます。

  講演3; 「電波の疫学調査と健康について」
    講師: 慶応義塾大学 医学部 衛生学公衆衛生学教室
教授  武林 亨 氏
    講演要旨: 電波の発がん性評価における疫学的な調査手法についてお話しいただきます。また、医学的な立場から電波の生体影響に関する研究の国際動向について、国際がん研究機関(IARC)による国際共同疫学研究の進捗状況も含め解説していただきます。


  定員   100名程度(先着順)


 参加費  無料


 主催    総務省 東海総合通信局、(社)電波産業会


 協賛    三重県、津市


 申し込み方法
 詳しくは東海総合通信局ホームページ、報道資料或いはトピックス「電波環境講演会の開催」をご覧下さい。


 申し込み先
 東海総合通信局 電波監理部 電波利用環境課
 住所:〒461−8795
     名古屋市東区白壁1−15−1 名古屋合同庁舎第三号館
 電話:   052-971-9107
 ファックス:052-971-9396


ページの先頭に戻る